株式会社ジャパン・アグリゲート株式会社ジャパン・アグリゲート

事業紹介

これまで培った産地農家から海外/国内消費者への一気通貫流通モデルを更に発展させ、 産地から消費者に至る全てのロジスティクス・データを集積/分析し、 農業流通の未来を創るアグリ・データ・プラットフォーム・カンパニーとして、 国内アグリ・テック企業のトップ・ランナーを目指すことを宣言します。
アグリゲート構想

農産物のロジスティックス・データを正確に把握するためには、従来型の系統流通/市場流通ではなく、産地農家から海外小売店まで、一元管理する流通体制の構築が必要になります。当社は、産地農家から集荷を行い、直接輸出を行う数少ない国内企業です。

農産物は、個体差が大きく、経時変化が激しく、また市況で価格が大きく変動するため、流通各段階での情報がないと農産物の品質/価値を評価することは難しく、農産物個別の情報と末端小売での状況を繋ぐ流通上の情報が重要となります。

国内流通事業

今までの青果物流通の枠にとらわれない、農業の新しい流通スタイルの模索・提案をし、農業者の新しい活躍の姿を国内各地の消費地において実現します。

海外事業

東アジア圏(シンガポール/香港/他)に向けての青果物を中心とした輸出事業を行っています。従来型の富裕層をターゲットとした流通だけでなく、新たな需要を海外に作って、国内農産物の普及を広げて、産業としての日本農業の拡大に寄与します。

リテール事業

国内で消費量が低下の一途のフルーツの美味しさ・素晴らしさを新しいカタチで提案します。様々なプロの方々と連携し、フルーツの消費拡大に繋がる小売業態を展開していきます。

コンサルティング事業

販路開拓の支援、異業種からの農業参入支援や農業者の農業法人化の支援、農業団体の組織化、など農業に関わる全ての方々のお手伝いをいたします。

事業モデルケース

日本の農業界は大きな岐路に立たされています。私達は、既存の発想にとらわれない新たなアイデアで、農業の新しい流通の姿を模索し、流通の出口を自ら切り拓いて、農業者の新しい活躍の姿を消費地において実現します。

新農業流通創造事業

事業コンセプト

過去(大量生産・大量消費期):「プロダクトアウト」型

※大量消費時代は、作れば売れる時代。
消費者ニーズを考慮しなくても生産者側が優位な川上主導でのバリューチェーンが可能でした。

現在(消費低迷期):「マーケットイン」型

※消費低迷期に入ると、大競争の中で消費者ニーズは多様化。
バイイングパワーを有する大型小売店が優位な川下主導型でのバリューチェーンが主流となり、それに引きずられる形で生産者の収益性が著しく圧迫される時代に突入しています。

JAGの提唱する未来の形:「三位一体」型

※このような時代背景を踏まえ、当社は生産者・流通業者・小売店が連携して消費者ニーズを検証し、三者ともに再現が可能な流通モデルの構築を提唱しています。
そして、製品(プロダクト)と消費者(マーケット)の間に立つ中間流通業者である当社だからこそ、両者の連携を形成する役割を担うことができると考えています。

お問い合わせ
株式会社 ジャパン・アグリゲート
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-15-10 古川ビル9階
 TEL:03-5643-7730 FAX:03-5643-7731
| プライバシー・ポリシー |